原因不明の体調不良が、コーヒーや紅茶をカフェインレス(デカフェ)飲料に変えるだけで治った!

カフェインレスで健康

原因不明の体調不良(頭痛や動悸など)を簡単に治す方法

原因不明の体調不良はつらいですよね。

病院に行っても、どこも悪くないという診断を受けますし。私も同じ経験をしています。その経験を元に、体調回復についてたどり着いた結論が、

普段飲んでいるコーヒーや紅茶を、カフェインレスコーヒーやカフェインレス紅茶に変える

ただそれだけの事です。

私がカフェインレス飲料を飲みだしたきっかけ

数年前、原因不明の体調不良に悩んでいました。

・血管がブチ切れるような感覚の頭痛

・突然の激しい動悸

・胸のもやもや感

日常でずっとあったのは、頭痛と胸の違和感です。

頭痛の場合は、始まると血管がブチッと切れてしまいそうな不安が、胸のもやもやの場合は、心臓が止まりそうな感覚におそわれ、それに伴う不安が、それぞれにものすごい頻度で襲ってきていました。

自分の体は何かがおかしい。

それは分かっていたので、病院であらゆる検査をしてもらいました。

・CTで脳を見てもらう
・胃カメラ
・エコーを装着して日常を過ごす心臓の検査
・血液検査

など、通常の健康診断を含め各種検査をしてもらいましたが、体には何の異常もなく、その体調不良は本当に原因不明でした。

仕事中はそうでもなかったのですが、特にひどかったのは仕事が終わってから寝るまでの時間です。気を張っている時は大丈夫だったのかも知れません。リラックスできる時間に、その諸々は襲ってきていた覚えがあります。

当時は、いつ倒れてもおかしくないなという感覚がずっとあったので、お風呂に入ることさえ少し怖かった記憶があります。

また、健康に良いだろう事(禁煙や食事制限など)をしても、一向に治まる気配がありませんでした。

その体調不良が、ふと思い立ったコーヒー断ちをしてスッと楽になったのです。

それがカフェインレスコーヒーがあるなんて知らなかった私が、カフェインレス飲料を飲み始めたきっかけです。

私は男性ですから、妊娠も出産も関係ないので、時々カフェインレス飲料を嗜好するのを不思議がられることがありますが、あのしんどさに比べれば、そんなものは全く気にならないです。

必要に迫られた方だけではなく、原因不明の体調不良や頭痛に悩んでいる方で、コーヒーや紅茶をよく飲んでいる方は、一度カフェインレス飲料を試してみてください。

多大なお金を必要とせず、通院する必要もなく、現在ではどこでも実行可能な方法です

完全にカフェインを抜く必要があるのか?

これは、人それぞれだと思います。

私の場合は、そもそもカフェインレスコーヒーがあることを知らなかったので、完全にカフェインを断つために、普段飲むものは、水かルイボスティーでしたが、カフェインレス生活を始めてからでも、やはりコーヒーや紅茶は飲みたいので、調べてみた結果、いろいろな商品があるということにやっと気づけた次第です。

当時は、まだ喫茶店でデカフェも置いてなかったですし、今みたいに様々なカフェインレス飲料が発売されてもいませんでした。

今では時々普通のコーヒーを飲んだりしますし、それで急激に体調が悪くなるということはありません。ただ、調子に乗って、コンビニコーヒーを毎日飲んだりすると、途端に体調が悪くなります。

こういう事を経験する度に、私にとってのカフェインレス飲料の大切さに気付かされます。

妊婦さんの場合、各国で言われている事が違うのですが、1杯程度であれば問題ありません。

気をつけなければならないのは、カフェインが入っている飲み物は、コーヒーや紅茶だけではなく、緑茶にも入っていますし、コーラなどのジュースにも入っているものがあるということです。

ご自分の体調に合わせて、カフェインレス生活を楽しんでください!

デカフェとカフェインレス飲料とノンカフェイン飲料の違い

日本では「カフェインレス」が一般的に使われていますが、本来であれば、「デカフェ」が正解です。「カフェインレス」は日本での造語になります。海外では、「デカフェ」です。

さて、違いですが、「カフェインレス」と「デカフェ」の場合は、カフェインを含んでいるものから、いろいろな方法でカフェインを取り除いて減らしたものを指します。カフェインが0ではなく、微量ですが含まれている状態です。

「ノンカフェイン」は、その名の通り、カフェインが全く入っていません。カフェイン0になります。水、麦茶、ルイボスティーなどがそうですね。子供に麦茶を飲ませることも、カフェインが入っていないからというのが、大きな理由です(子供にとって飲みやすいという事もあるかと思います)

私のおすすめデカフェコーヒーとノンカフェイン飲料

20代の頃は、インスタントコーヒーを飲んでいましたが、30代からなぜか、コーヒー豆でのコーヒーを愛飲しだした私が、カフェインレス生活を始めてから現在まで飲み続けているのが、「JET Coffee ジェットコーヒー」のカフェインレスコーヒーです!

以前は、カフェイン99.9%カット表記だったのが、いつの頃からか97%カットに変わっていました。おかしいなと思いましたが、輸入元からそういう明記でという依頼があったそうですね。

味は飲み始めてから変わりません。

飲み始めは、「酸味が強いな」という印象でしたが、慣れてくればこれ以外では満足出来ない味です。他の物より安いという点も継続して飲める理由の一つです。いまだにカフェインレス飲料は高いですからね。

しかも、このコーヒーはいろいろなバージョンがあり、エスプレッソ用・サイフォン用・ネルドリップ用・ペーパー用・豆のまま・金属/ナイロンフィルター用と、飲み方の違いによって様々なバージョンを用意してくれています。

私は、面倒くさがりなので、もっぱらペーパー用を購入しています。

数年前は、パックが圧縮されてキチキチだったのが、最近は割と袋にふんわりと入っている印象です。

とにかく、このコーヒーにはお世話になりっぱなしです。

日本で私が一番買っているのではないでしょうか?笑

オススメの配合としては、ホットの場合だと、コーヒースプーン1杯につき、お湯150mlから200ml。アイスの場合、コーヒースプーン1杯につき、100ml。氷をいれても十分濃く感じます。

400gなので、入れる容器に困りますが、100均で大きい入れ物を変えばそれで十分です。

このコーヒーを知る前からお世話になっているのが、こちらのルイボスティーです。

これを飲み始めてから、私のカフェインレス生活、いやこの時はノンカフェイン生活が始まりました。

ノンカフェインで探していた時に、これを見つけて速攻購入。安いですしね。

紅茶はそんなに飲むタイプではなかったので、どうかなと思っておりましたが、またこれが美味しい!

熱々でも美味しいですし、冷めても美味しいのです。

冬はサーモスのタンブラーに一袋いれてお湯を注ぐだけ。

夏は一袋か二袋を冷蔵用の容器に入れて冷やしておくだけ。

それで、安く簡単に、麦茶より美味しいお茶の出来上がりです。

麦茶や爽健美茶ではどうにも満足出来ないですが、ルイボスティーは私には合っています。パッケージの袋がチャック付きというのも、またいいところですよね。

本当に気軽に美味しく飲める、ノンカフェイン飲料の一つだと思います!

こういうデカフェやノンカフェイン飲料を作るのにオススメなのが、ウォーターサーバーです。
一度使うと、その便利さから手放せなくなります。

私のおすすめウォーターサーバーはこちらです

カフェインレスマップ(2019年11月公開)を作ろうと思ったきっかけ

最近では、大手カフェチェーン店でもデカフェを飲めるようになって来ましたし、ペットボトル飲料でもカフェインレス商品が増えてきました。

数年前では考えられない状況になっていますが、この状況を心底ありがたいと感じています。

自宅でも気軽にカフェインレス生活を取り入れることが出来るようになりましたし、味も正直わたしには良く分からないぐらい、違いがありません。

カフェインレス飲料を飲むようになるのは、妊娠してからという方がやはり多いと思いますが、それ以外にも様々な理由でカフェインレス商品を欲している・探している方が相当数いるということを、カフェ店の方や、飲料メーカーさんに知っていただきたいです。

そういう経験と思いがあることが、カフェインレスマップを作ろうと思ったきっかけでもあります。

もっと気軽に手軽に、近くのカフェでデカフェを飲みたい。

コンビニコーヒーでもカフェインレスバージョンが出来たらいいのに。

など、カフェインレス商品に対する状況が変わってきた現在でも、要望はたくさんあります。

そういった要望や口コミを皆さんが投稿してくださることで、カフェインレス商品が世の中に溢れかえる事を願っています。

今の時代、必要に迫られてカフェイン入りのコーヒーや紅茶を飲めなくなっても、お茶の時間を諦める必要はありませんよ!

タイトルとURLをコピーしました